様々な薬を服用して、うつ病を完治出来るようにしよう

治療をするときは

孤独との戦いではない

うつ病にかかってしまうと孤独感に苛まれてしまい、生きていても絶望しか感じることが出来なくなってしまうでしょう。しかし人間ひとりでは生きて行くことが出来ないという事実をしっかりと再認識してください。周りを見渡せば自分の力になってくれる人はたくさんいます。サインを出すことも大切なのです。うつ病患者の傾向としては人に弱みを見せることが出来ない人や責任感や正義感が強い方が陥ってしまうことが多いとされています。ですから自分が苦しんでいることを周りにサインとして出すことが出来ないのです。しかし自分から発しなければ人は気づいてくれないでしょう。自分から合図を出すことも大切なので治療のためにも一歩踏み出しましょう。

しっかりと治療をすることがポイント

うつ病に関しては放置しておいても状況が改善されることはあまりありません。適切な治療を行うことがうつ病を完治させるためには大切なのです。まずは自分の状況を把握するためにもうつ病だと疑うようになったら心療内科などを受診すると良いでしょう。身体と心にも変化が現れているはずですから、その状況を医師にしっかりと伝えるようにしてください。治療に関しては包み隠さず自分の気持ちなどをちゃんと医師に伝えることが大切になるでしょう。経過はひとによって異なりますし、治療法もそのうつの度合いによって異なってきます。 薬などを投与されることもあるのですが、摂取量はきちんと守ってください。大量に摂取してしまうと副作用が生じます。

心の風邪と呼ばれる「うつ病」は軽い症状のあいだに診断を受けましょう

うつ病の治療としては、抗うつ薬で治癒できるのですが、早期に専門医の面談診断を受ける事が望ましいです。風邪などと同じで軽い症状であれば回復も早く、完治もしやすいのです。残念ながら、日本では、精神科は医療施設の中でも、とりわけ敷居の高い場所と捉えがちですが、アメリカなど欧米は、精神医療の先進国として行きつけのエステやネイルショップに通うように、診療内科や個人クリニックに行きます。あまり深刻に考えずに気になったら予約して、問診表を記入すると、専門の医師やカウンセラーが診てくれます。適切な診断を受ける事で安心感と正しい治療もスタートできます。担当医は、本人の生活歴と過去の病気の有無を確認します。加えて、家族や特に親しくしていた人のなかで似たような心の病気になった人の有無など、広範囲に詳しく情報を必要に応じて積み上げ、より正確に診断の精度を高めていきます。同時に本人の表情や話しぶりも重要な情報として慎重に診ています。

適切な治療を行う為には信頼できる理解者に委ねましょう

うつ病は薬物療法の進歩により容易に回復する病気のひとつです。しかし、抗うつ薬には副作用として好ましくない作用が現れる事もあり、抗うつ薬のうち、米国の食品医薬品局(FDA)から、特に若年層に強い副作用が見られる可能性があると警告されるものが存在します。抗うつ薬は、脳内のセロトニンの働きを主に調整するように開発されてきましたが、完全に限定させる事は難しく、他の神経系に対しても作用が少し影響がある事は否めません。但し、抗うつ薬は新しい世代になるにつれて、脳内のセロトニン系などに特化して働くので、身体の好ましくない副作用は軽減されます。最後に、うつ病の治療でもっとも重要なのは正しい「理解者」を得る事です。家族や同僚かも知れません。ただ甘やかす人でもなく、うつ病自体を全否定するような抑圧する人でもありません。やはり信用できる病院と医師こそ良き理解者であり、うつ病の治療を的確な方法で取り組んでくれます