治療をするときは

うつ病といっても人によって孤独感を感じ、周りにその状態を隠そうとする人もいます。うつ病にかかった時は、自分は1人じゃないということを認識したうえで症状が軽い間に治療を受けることが大切です。

気分障害の一つ

仕事や学校のストレスによって、年齢問わず発症する人が増えているうつ病は、症状が進むと日常生活に支障をきたしてしまいます。うつ病と感じた時は早期で治療をすることが回復への近道となります。

薬で治療をする

うつ病の種類は、時代が進むごとに増えていきます。果たして自分はどんなうつなのか?治し方は分かるのか?詳しくはこちらを。

薬の平均的な価格とは

うつ病にかかり、精神内科や、メンタルクリニックにかかった際に、治療の1つとして、薬の提案をされることがあります。「薬」と聞くと、風邪薬などの、ウイルスなどの本来体にもっていないものを抑制したり、排除したりするものとは違い、本来自分が持っているうつ病特有のネガティブな気分や感情をコントロールするためのものなので、なんだか抵抗を感じてしまう人もいますし、なによりも長期的な治療になってくるため、値段を気にする方も多いでしょう。 基本的に値段は保険証を持っていれば、3割負担になりますので、比較的払いやすいお値段になります。病院や、医院によって幅はありますが、初診であれば薬代も含めて、3千〜5千円が一般的でそこから定期的にうつ病が治るまでの治療を続けるにあたり、1ヵ月あたり1千〜3千円が平均的な価格になってきます。 初診がやはり高くなる傾向にあるので、よく調べて良い病院を探し、長く同じところに通い続けるのが、精神面でも金銭面にも優しいです。

うつ病の薬での治療について

先ほど記述した通り、うつ病を薬で治療するのは抵抗がある方は多数いらっしゃることかと思います。しかし、薬で治療することによって改善した方は大勢いらっしゃることも確かなのです。うつ病の薬である抗うつ薬は、即効性はなく、1〜2週間飲み続けることで効果を発揮します。また、薬なので、副作用もあります。副作用の一例としては、眠気、唾液の分泌量の低下、体重増加などが挙げられます。しかし、副作用といっても悪いことばかりではありません。眠気に至っては、我慢せずに眠ることを勧めます。それは、睡眠不足が原因でうつ病になっている人が非常に多いからです。睡眠不足を感じている人の6割にうつの傾向がみられるというデータもあるほどで、不安から眠れない、寝ようとしてもすぐに目が覚めてしまうといった症状も防いでくれます。また口の乾きも、きちんと食事をとるためには必要な副作用です。口が渇くと飲み物を摂取することで緩和されるので、うつ病のため、栄養を摂取してなかった人にも効果的なのです。

私のうつ病治療について。

体に不調を感じて心療内科を受診した結果、うつ病になっていたという人は大勢います。仕事などのストレスが原因である場合、休職し治療を受けることが必要になるケースもあるのです。 このようにストレスが積み重なりうつ病になってしまう人のパターンではどのような症状が発生してしまうのかというと、不眠や喪失感で会社に行くことが出来なくなってしまうことがあります。このような場合は無理をせず、会社に相談を行なうことが大切です。暫く休ませてくれるのであれば、甘えてその間病院に行きましょう。心療内科でうつ病と診断された場合は、しっかり休息を取ることが大切です。そのためには、病院から処方された精神安定剤や睡眠導入剤を飲んで自宅で休養するようにしましょう。

その後の経過について。

暫くの間仕事に出ず自宅で休養していたといっても、状況や人によって症状を改善するまでの期間はまばらです。数ヶ月経っても症状が改善されないようでしたら引き続き会社を休職する必要がある場合もあるので、治療を受けている病院の主治医と相談して適切な判断を行なうようにしましょう。うつ病の治療を行なう際は投薬が基本で、初期段階では先述した精神安定剤と睡眠導入剤の二種類のみになります。二週間に一回の頻度で通院しながらその薬を飲んでいたとしても改善の兆候がみられない場合は、新しく薬を増やしていくことが必要になります。抗鬱剤などを始め、少しずつ飲む量を増やしていきます。数ヶ月では良くならなかった場合でも、辛抱強く治療を続けることで早めに症状を改善することができます。

オススメリンク